a

Hi there! This is Esben, an elegant photography theme. Are you ready to show your work to the world?

INSTAGRAM

Back to Top

"Travelife" について

目次

■ Travelifeとは?

JARTATravelife

Travelife 会員種別

コンサルティングサービスについて

Travelife 研修会開催について

Travelife 入会手続きについて

■Travelifeとは?

Travelife(www.travelife.info)はオランダに本部をおくツアー事業者や旅行会社を対象に持続可能性について審査を行う国際認証団体です。Travelifeは、ヨーロッパおよび各国のツアーオペレーター協会(英国旅行業協会ABTA、オランダ旅行業協会ANVRなど)と共同開発され、ツアー事業者や旅行会社が自社の運営における持続可能性を高めるための研修や、ツール、および手段を提供しています。これは、ISO 26000およびGSTC評価項目を含む国際基準およびガイドラインに基づいています。

ツアーオペレーターや旅行会社は会員になり、この国際的に認められた持続可能性の基準へチャレンジすることにより、地域住民や顧客の満足度と並行して社会的な信用を高め、スタッフのモチベーションをあげていくことが可能です。
Travelife
は各種研修材料をオンラインで提供しており、場所や時間に関係なく取り組むことが可能です。また、課題解決に困ったときなどはコーチングシステムにより、指標の準拠に必要な手順について指導を受けることができます。
理念だけでなく、より実践的な持続可能性への取り組み、事業運営改善をサポートいたします。

グローバルサステナブルツーリズム協議会(GSTC)の認定審査機関であるTravelifeは、国際認証基準を軸とした実践的な取り組みを振興し、取組を始めている国は世界80ヶ国以上にのぼります。

travelife_logo

■JARTAとTravelife

一般社団法人JARTA20195月にTravelifeと業務提携を結び、日本国内における窓口として運営を始めました。認証の基準となる評価項目は和訳され、Travelifeウェブコンテンツについても順次作業を進めており、日本語ユーザーにとっても使いやすいツールとしてご提供できる環境を整えています。

国内研修会の開催、日本語対応の審査員やコーチの養成なども進行中です。国内の観光情勢を踏まえ、オランダ本部と密な連絡を通じて、会員のみなさまによりよいサービスを提供し、日本国内の持続可能な観光の普及と推進、SDGs達成の寄与につとめます。

Travelife代表Naut Kusters と JARTA代表高山傑

日本のTravelife会員 (2021年1月現在)

Travelife Certified (認証会員)
・EXO Travel Japan 株式会社

Travlife Partners (パートナー会員)
東武トップツアーズ株式会社 ・株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベル ・Eighty Days株式会社 ・株式会社デスティネーションアジアジャパン

Travelife Engaged (一般会員)
BOJ株式会社 株式会社 ZENZEN JAPAN ・株式会社めぐるん ・Beauty of Japan Tours 株式会社 株式会社キャニオンズ ・株式会社 美ら地球(ちゅらぼし) Explore Hakone オリエンタル株式会社 Travel Hokkaido(株式会社トラべル北海道) 合同会社DISCOVER WALKS

■Travelife 会員種別

Travelife会員種別は3種類設定されており、年会費も各ステージによって異なります。 


[ステージ
1] Travelife Engaged (一般会員)
[ステージ2] Travlife Partners (パートナー会員)
[ステージ3] Travelife Certified (認証会員)

. . . . . 


[ステージ1] Travelife Engaged (一般会員)

このステージでは、サステナビリティコーディネーターという各事業所の担当者(以下SC)を任命し、事業所のサステナビリティや、取るべき具体的なステップについて学びます。ベストプラクティスに基づいて自社を評価し、改善計画を作成します。

. . . . . 


[ステージ2] Travelife Partner (パートナー会員)

実践段階となるステージ2では、SCは会社の基本的な運営方針を明文化します。ミッションステートメント、ポリシー、行動計画などがそうです。また簡単な実践事例(エビデンス)を示すことが求められます。

Travelife認証基準の必須項目をすべて入力した会員はその旨をJARTA事務局に伝え、担当コーチが割り当てられ、オンライン審査を受けることができます。この審査をクリアすると初めてパートナー会員になることができます。この初期審査費用は年会費に含まれています。

. . . . . 


[ステージ3] 
認証会員 (Travelife Certified)

Travelife認証ステータスは、最終ステージで全ての評価項目をクリア(準拠)する必要があります。Travelife公認審査員による第三者現地審査を経て評価をうけ、準拠していると認められた後は、その証明としてTravelife認証ステータスを受け取ります。


会費

審査料を含んだ第三者認証に必要な費用は、事業者の規模によって異なりますが、中小企業の場合は年間66,000円、大企業の場合は年間330,000円です。JARTA会員の方には割引き額が適用されます。詳しくはお問い合わせください。

■コンサルティングサービスについて

Travelife 認証取得を目指して登録を進めたものの、初めての取り組みでわかりにくいと感じられたり、自社の現状を自己診断してみても具体的に何をするべきなのかが見えないこともあるかと思います。ご希望がありましたら、専任のスタッフが事業所に出向き、2日間のプログラムでコンサルテーションを実施いたします。

コンサルティング費用は一日あたり(税別)の金額ですが、最低2日間を要します。また実費計算による交通費と宿泊料金(もしくは宿泊地をご用意ください)が別途必要です。

従業員25名まで 8万円/日  

従業員50名まで 12万円/日 

従業員50名以上 ご相談ください

■Travelife研修会について

Travelife基礎を学ぶ2日間の研修会の開催地を募集しています。Wifi環境の整った会場、講師の交通費・宿泊料金および講師費用16万円(税別)をご準備いただき、受講生を募っていただきます。

詳細についてはお問い合わせください。

2021年1月 釜石市での研修会
Travelife研修@釜石①
Travelife研修@釜石②

■入会・更新手続きについて

JARTAまでお問い合わせください。会計年度は4月~3月末となっていますが、年の途中で入会される場合は年会費を月割で納めていただきます。