a

Hi there! This is Esben, an elegant photography theme. Are you ready to show your work to the world?

INSTAGRAM

Back to Top

ブルーフラッグは世界50の国、4,831ヵ所(2021年11月現在)で取得されているビーチやマリーナ、観光用ボートを対象とした環境認証です。ブルーフラッグ認証では、水質、環境教育と情報、環境マネジメント、安全性とサービスに関する厳しい基準を通じて、ビーチやマリーナ、観光用ボートにおける持続可能な発展の実現を目指しています。 ブルーフラッグのコンセプトは、1985年にフランスで誕生しました。1987年にブルーフラッグのコンセプトが紹介されたのを機に、ヨーロッパ各地においてブルーフラッグプログラムが開始されました。 現在FEEではUNEP(国連環境計画)、UNWTO(国連世界観光機関)等との連携のもと、世界各国においてブルーフラッグプログラムを推進しています。

ブルーフラッグプログラムは、「水質」、 「環境教育と情報提供」、 「環境マネジメント」、「安全性とサービス」についての厳しい基準を通して、 ビーチやマリーナでの持続可能な発展を目指しています。

・ビーチとマリーナ使用者への「環境プログラム」の推進
・所有者およびステークホルダーへの「環境マネジメントシステム」と「安全とサービス」の理解と実現
・ビーチを利用する人々の活動による自然環境への影響を最小限にするため、その状況を監視し情報提供を行う
・ビーチを取り巻く沿岸環境についての理解を深める
・持続可能な観光開発への働きかけ
・地元当局やステークホルダーの意思決定プロセスに 環境問題対応の視点を組み込めるように促進する

本部をデンマークにおく、非営利・非政府組織。 環境教育を通して持続可能な開発を促進することを目標とし、5つのプログラムを通じて、持続可能な発展のための環境教育を行う。 2021年11月現在、77の国と地域において運営を行なっている。
FEEウエブサイト

*ブルーフラッグは、FEEによるプロジェクトです。

ブルーフラッグビーチでは、以下の全てに対して国際的な基準を満たしています。

測定値、測定回数、排水と影響など

情報の掲示、環境教育の実施など

清掃管理、生態系保護など

安全対策、障がい者向け設備など

ブルーフラッグを取得するためには地元自治体やビーチ、マリーナの管理・運営者等が中心となり、主に4つのカテゴリー(水質、環境教育と情報、環境管理、安全)において設定された33の基準を達成することが求められます。

各分野の専門家により構成される国内審査委員会において審査を実施

国内審査委員会の推薦を経て、国際審査委員会で最終決定される

国内運営組織により定期的な検査を行い、基準を満たしていない ビーチは認証を取り消される